スポンサードリンク

2007年10月01日

『自動車 保険 見積』

車を運転する人なら誰もが加入する事になるであろう,自動車保険。自動車保険は,1998年の
保険の自由化以降に劇的に変わったのです。それまでは,自動車保険は,どこの会社でも,
条件が同じであれば保険料は同じでした。そのため,自動車保険の満期が来たら,ほぼ同じ会社
での更新となっていました。
しかし,自由化によって同じ条件であっても,会社によって自動車保険の保険料や保障が全然
違う今は,賢く自動車保険の見積をして,各社の自動車保険を比較することがとても大事なの
です。

自動車保険の見積は,今やインターネットで簡単に行うことができます。自動車保険の見積を
するときに,必要なものは免許証,そして車検証,今現在加入している自動車保険の保険証券
です。
自動車保険の保険は,車の車種や年式,走行距離によっても変わってくることとなります。
また,自動車保険という保険には色々な割引きがあります。
安全装置がついているかついていないかによる割引きなどです。例えばABSが搭載されている車
は5%の割引きで,エアバッグが装備されている車は10%の割引きになったりするわけです。
このように,様々な車のスペックによって,自動車保険の保険料や補償額は変わってくることと
なります。
posted by mizuki at 01:23| 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車保険の基礎

交通事故を起こしたときの被害者救済と加害者側の金銭負担を援助するのが自動車保険サービスです。被害者側の車の修理費、医療費、さらにそのほか財物などの損害などと加害者側が賠償する金額は相当なものです。
自動車保険には主に二つの種類があります。任意保険と呼ばれるものと自賠責保険と呼ばれるものです。自賠責保険に関する解説は必要ないでしょう。こちらの保険は車を所有する上で必ず入らなくてはならない保険になります。しかし、そのカバーするエリアは非常に狭いものになっています。そこで自賠責ではカバーしきれない部分をカバーするのが任意保険と呼ばれている自動車保険なのです。
さらにその任意保険もさらに細かく4つに分類できます。
1,対人賠償保険
2,対物賠償保険
3,人身傷害保険
4,車両保険
上から被害者に対しての対人賠償保険、被害者の車・財物に対しての対物賠償保険、自身の乗っている車の同乗者に対しての人身傷害保険、自分の車の修理費用などを援助してくれる車両保険となっています。
これらを組み合わせておくことで万一の時に安心できる保険内容にすることができます。今では細かい部分にまで自分に合わせて設定できるような保険商品も出ているので是非、自分に合った保険を探してみると良いでしょう。
posted by mizuki at 01:21| 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

自動車保険

自動車保険ラインアップ
posted by mizuki at 21:54| 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。